OSGeo4W jp/OSGeo Binary Distribution

From OSGeo
Jump to: navigation, search

Windows、Linux そしておそらく MacOS X と Solaris 用のオープンソース地理空間ソフトウェアのOSGeo の "ブランド化そして認定された" バイナリディストリビューションを最終目的とし、OSGeo ソフトウェアの現在とこれまでのバイナリパッケージのステータスを提供します

目的

  • OSGeo プロダクトを用いて簡単なユーザーエクスペリエンスインストールとスタートを提供する。
  • 主要なオペレーティングシステムをサポートする。Windows、Linux (Intel32)、MacOS X そして Solaris (Sparc) などが例に挙げられます。
  • 全てのコンポーネントが、バージョン不一致の問題を回避する inter-compatible であることを確実にする。
  • プログレッシブインストールを許可し、必要に基づきそれぞれのパッケージをダウンロードする。これにより全てをダウンロードせずに済み、後でパッケージを追加することができます。
  • 使いやすい GUI インストーラを提供する。
  • ディストリビューション/バージョンにとらわれない - linux において同じバイナリが Debian、Fedora Core、Suse、Ubuntu 等でも作動できるようにする。windows と MacOS X において、様々な比較的新しい OS バージョンでバイナリが作動できるようにする。
  • 少なくとも全てのパッケージとして OSGeo プロジェクトソフトウェアとそれらパッケージの依存性を含む。
  • デスクトップとウェブサービスに適する。
  • クオリティコントロールのレベルを提供する。
  • 様々なディストリビューションのアップデートと維持のためプロジェクトを処理する。
  • パッケージャーとアプリケーション開発者間のコミュニケーションのチャンネルを開く。

Windows distributions

OSGeo4W

OSGeo4W は、cygwin に基づいた windows ベースの GeoFOSS です。

目標: windows における全ての GeoFOSS スタックの簡単インストール

ステータス: 2008年8月: コミュニティーによって活発に維持されており、問題なし

  • Pros:
    • キー GeoFOSS アプリケーションの多くをすでにパッケージ済み
    • 2008年9月28日、FOSS4G 2008において最初の大規模なリリースを予定
    • 強力な開発者コミュニティー
  • Con
    • インストールが必要です
    • インストールにはインターネットが必要です

ポータブルGIS

PortableGIS は、USB スティックから実行する GeoFOSS アプリケーションのコレクションです。

目標: 最重要のアプリケーションを常備する。

ステータス: Jo Cook によって維持されています

  • Pro
    • インストールの必要なし、アプリケーションを実行してください
  • Con
    • 現在、CD から動作出来ません
    • アプリケーションは更新が必要です (例. Java は1回以上バンドルされています)
    • 管理人は1人のみ
    • プロジェクト開発基盤はまだセットアップされていません
    • 同様のプロジェクトとの提携によって利益を得ることができます
    • ポータブルGIS は現在書き込み可能な媒体から実行される必要があり(USB スティックのような)、CD のような読み込み専用の媒体では作動しません

Linux

メーリングリスト/コードリポジトリインフラストラクチャーを持つDebian-GIS SIGとは異なり、RPM-using コミュニティーはそのようなインフラストラクチャーがなく、OSGeoによるホストから利益を得ます。

GIS Virtual Machine

http://gisvm.com/

  • Ubuntu 8.10に基づく、2008年11月にパッケージされた安定したVirtual Machineがあります。
  • 2009年10月、FOSS4Gのために新しいバージョンが開発されています。

Live CD\DVD

Live GIS Disc参照

Debian Linux

  • DebianGIS は地理空間情報システムアプリケーションとユーザーにとって最高のディストリビューションにするためにDebianを改良するものです。GIS関連のソフトウェアとライブラリ(例 GRASS)の多くはすでにDebianに存在しています。メインとその他多数のパッケージに最新のGRASSパッケージがあります。

Ubuntu Linux

GeoLivre Linux

Gentoo Linux

Mandriva Linux

Fedora Linux および SuSE LinuxのようなRPM-basedディストリビューションは専用のGISチームはありませんが、財団法人の後援の下、取り組みをまとめるよう促す可能性のある独立しているRPMアーカイブを維持しているいくつかの団体があります:

Fedora Linux

古いテクニカルノート

  • 既存の[FGS] 基盤Linux(可能な他のUnixプラットフォーム)に構築することは良いでしょう。FGSDevNotesを参照してください。
  • 既存のMS4Wパッケージはウィンドウズディストリビューションの基準となる可能性があります。
  • William KyngesburyeはMacOS X ( http://www.kyngchaos.com/ )のためのGDAL, MapServer, GRASS 等のMacOS X framework-style パッケージを作成している多数の研究をしてきました。
  • GDF HannoverはさまざまなLinux ディストリビューションのためのRPMsを作成しています: http://www.gdf-hannover.de/software これは起点となる可能性があります。
  • 大阪市立大学はMandriva Linux ディストリビューションのためのRPMsを作成しています: http://wgrass.media.osaka-cu.ac.jp/foss4g/downloads これも起点となる可能性があります。
  • Stephan Holl/GDF は統合されたwinGRASS-nativeでQGIS0.8のためのGUIインストーラーを記述しました。(MS-Windows)

参照