Sol Katz Award jp

From OSGeo
Jump to: navigation, search

<< Return to page Sol Katz Award (english)

Sol Katz Award for Geospatial Free and Open Source Software

地理空間フリー&オープンソースソフトウェア(GFOSS) Sol Katz 賞は、OSGeo財団から毎年、GFOSSコミュニティでリーダーシップを示した個人に与えられます。 受賞者は、地理空間分野においてオープンソースの理想を進めるための活動を通して著しく貢献された方です。

この賞は、後世に渡り、コミュニティのメンバーの功績と創始者の一人の追悼の意を表するものです。


受賞者

背景

Wikipedia: http://en.wikipedia.org/wiki/Sol_Katz

OSGeo Public Site: http://www.osgeo.org/content/foundation/solkatz/index.html


プロセス

  • 適切なメーリングリスト(freegis, osgeo discuss, etc)を通じ、公正に広く候補者の募集を行います。
  • 候補者は SolKatzAward@osgeo.org. に送られます。
  • 委員会が受賞者を選考します。
  • 盾と受賞の証書が準備されます。
  • FOSS4G 閉会式にて贈呈が行われます。

2012 候補者募集

件名: 地理空間フリー&オープンソースソフトウェア(GFOSS) Sol Katz 賞 - 候補者募集

オープンソース地理空間財団は2011年の地理空間フリー&オープンソースソフトウェア(GFOSS) Sol Katz 賞の公募を開始しました。

地理空間フリー&オープンソースソフトウェア(GFOSS) Sol Katz 賞は、OSGeo財団から毎年、GFOSSコミュニティでリーダーシップを示した個人に与えられます。 受賞者は、地理空間分野においてオープンソースの理想を進めるための活動を通して著しく貢献された方です。

Sol Katz は GFOSSの初期の開発者で、彼のU.S.土地利用局におけるアプリケーション形態とフォーマット仕様とユーティリティの仕事の大部分が残されています。 この初期のGFOSSアーカイブはコミュニティにソースコードとアプリケーションの形態でフリーに提供されました。 Solは多くの地理空間リストサーバーもよく提供し、多くのガイダンスを一般の地理空的コミュニティに提供しました。 Solは、不幸なことに、非ホジキンリンパ腫によりこの世を去りました、しかし、彼の遺産はオープンソース界に残りました。

米国癌学会への寄付をすることに興味がある人々は、Solの家族の要請に従って、https://www.cancer.org/involved/donate/donateonlinenow/index で寄付することができます。

Sol Katz 賞の候補はその候補説明を SolKatzAward@osgeo.org に送らねばなりません。 候補選出は8月28日の23:59 (http://www.timeanddate.com/worldclock/fixedtime.html?month=9&day=28&year=2012&hour=23&min=59&sec=59) まで受け付けられます。 受賞者はOSGeoの選考委員会による候補指名リストから決定されます。 地理空間フリー&オープンソースソフトウェア(GFOSS) Sol Katz 賞の受賞者は、10月の初旬に紹介されます。

この賞が、後世に渡り、コミュニティのメンバーの功績と創始者の一人の追悼の意を表するものでありますように。

過去の受賞者と選択委員には受賞の資格がない点に留意する必要があります。

過去の受賞者:

 2011: Martin Davis
 2010: Helena Mitasova
 2009: Daniel Morissette
 2008: Paul Ramsey
 2007: Steve Lime
 2006: Markus Neteler
 2005: Frank Warmerdam

選考委員会:

 Jeff McKenna (chair)
 Daniel Morissette
 Frank Warmerdam 
 Markus Neteler
 Steve Lime
 Paul Ramsey
 Sophia Parafina
 Helena Mitasova
 Martin Davis

2012 プログラムテキスト

地理空間フリー&オープンソースソフトウェア(GFOSS) Sol Katz 賞は、OSGeo財団から毎年、GFOSSコミュニティでリーダーシップを示した個人に与えられます。 受賞者は、地理空間分野においてオープンソースの理想を進めるための活動を通して著しく貢献された方です。

この賞は、後世に渡り、コミュニティのメンバーの功績と創始者の一人の追悼の意を表するものです。

Solomon Stuart Katz aka Sol 1947-1999

背景

Sol Katz はスウェーデンに生まれ1歳の頃ニューヨークに移り住みました。 イディッシュ語が彼の初めの言葉でしたが、彼は素晴らしく聡明で、ヘブライ語と英語を速やかに学びました。 高校を卒業した後、3年間を米空軍で過し、ドイツに駐留し、そこでもう一つの言語を学びました。 短い軍歴の後、彼は2年半で地質学学位を取得したニューヨークのブルックリン大学へ進学することに決めました。 その後彼は1969年に妻Hedyと結婚し、ニューヨークの公立高校で教師をする間、ブルックリン大学へ戻り、地質学の修士を取得しました。 幾つかの州のU.S.土地管理局(U.S. Bureau of Land Management (BLM))で働いた数年の後、コロラド州レークウッドに落ち着き、コンピュータサイエンスのデンバー大学の学校に戻り、2つ目の修士号を取得しました。 この時、彼は二人の子供ShannaとRisaも得ました。 彼は、オフィスにおいても、彼の子供の学校においても、家庭においても愛されていました。 いつも笑い声とユーモアに満ち、Solは彼の派手なハワイアンシャツとオオハシやプロペラの帽子ですぐに見分けられました。悲しいことに、非ホジキンリンパ腫と10年間の戦ったのち、Solは1999年4月23日に亡くなりました。


彼の息女提供による写真: Solomon-Katz.jpg Solomon-Katz2.jpg

オープンソース

Sol Katz は GFOSSの初期の開発者で、彼のU.S.土地利用局におけるアプリケーション形態とフォーマット仕様とユーティリティの仕事の大部分が残されています。 80年代の初め、Solは MOSS(Map Overlay and Statistical System) と呼ばれるパブリックドメインのGISパッケージの開発を援助しました。 このソフトウェアはほぼ間違いなく世界で初めてのオープンソースGISソフトウェアでした。 Solは後にPC MOSSのリリースと保守を続けました。 彼はまた、公共データ変換ユーティリティに関係した人物でもありました。 彼がDEMの変換とSDTSファイルの読み込みのために開発したユーティリティは地理空間コミュニティに提供され、今でも存在します。 Solは多くの地理空間リストサーバーもよく提供し、多くのガイダンスをあまねく地理空的コミュニティに提供しました。 BLMのSol KatzGISユーティリティコレクションは ftp://ftp.blm.gov/pub/gis/ にまだあります。 彼の遺産はまだオープンソース界に残されています。

選考委員会 (2011)

選考委員会 (2010)

  • Jeff McKenna (chair)
  • Frank Warmerdam
  • Markus Neteler
  • Steve Lime
  • Paul Ramsey
  • Sophia Parafina
  • Daniel Morissette

選考委員会 (2009)

  • Jeff McKenna (chair)
  • Frank Warmerdam
  • Markus Neteler
  • Steve Lime
  • Paul Ramsey
  • Sophia Parafina

選考委員会 (2008)

選考委員会 (2007)

  • Frank Warmerdam (chair)
  • Jeff McKenna
  • Paul Ramsey
  • Venkatesh Raghavan
  • Markus Neteler

選考委員会 (2006)

  • Frank Warmerdam (chair)
  • Jeff McKenna
  • Paul Ramsey
  • Sophia Parafina
  • Venkatesh Raghavan

選考委員会 (2005)

2005 受賞 文書

Translations of this page